歯医者で麻酔したあとに気を付けること

歯医者では、治療中の痛みを感じなくさせるために麻酔を行います。

注射をするので、苦手に感じる人も多いですが、歯科治療においては欠かすことのできない存在です。歯医者で使う麻酔は、大人の場合で1~3時間、子供では1~2時間程度効果が持続します。

体質により、麻酔がききやすい人とそうでない人がいるために、しびれている時間は幅があります。


麻酔していると、その部分の感覚がなくなってしまうので、いくつかの注意点があります。
まず、できれば食事は麻酔が切れてからした方がいいですが、食べたり飲んだりすることもあるでしょう。

そのときは、麻酔していない側を使うようにします。
いきなり熱いものを麻酔側で食べてしまうと、温度が分からないために、ヤケドしてしまう恐れがあります。

お手軽に勝どきの歯医者の情報サイトです。

物を噛んでいるときに間違って粘膜を噛んでも痛みを感じません。特に子供の場合に注意が必要ですが、感覚がないことを気にして、指で触ったり、歯で噛んでしまうことがあります。

麻酔がきいている間は痛みがありませんが、感覚が戻ると痛く感じますし、唇が大きく腫れてしまうことがあります。小さなお子さんほど加減を知らないので、麻酔をしたあとは大人が気を付けてあげましょう。

現時点で最高のiemoをご提案いたします。

また、歯医者で麻酔した部分が痛むということもあります。



歯茎に針が入ったことが原因ですので、そのまま数時間放置しておくと自然に治ります。

指で触ったりすると、手の雑菌が入って炎症を起こすことがあるので気を付けましょう。